労働基準監督署の調査、指導、是正勧告対策

1.会社への調査は法律によって行われる。

調査は労働基準監督署の労働基準監督官2〜3名によって実施されます。

 

監督官は対象企業の業務関係場所(工場、事務所、寮、倉庫など)に立ち入り、帳簿や書類の提出をもとめます。また、経営者や労働者に対して尋問することができ、それに応じない場合は強制捜査や、経営者を逮捕することがでます。

 

@事前連絡
労働基準監督署より電話、書面にて調査の実施日や必要書類についての連絡がきます。
ただし、実施日に調査の対応ができない場合は日程の調整を依頼することができます。


A 立ち入り調査(臨検監督)

(1)対象企業の事業主名、事業内容、社員数など企業規模を確認します。

(2)就業規則、法定三帳簿(労働者名簿、賃金台帳、出勤簿)を確認します。 また、ケースに応じて賃金規定、労使協定(36協定、賃金控除に関する協定)、健康診断結果及び報告書、退職金規定などをチェックする。

(3)調査項目にそって法律違反はないか、また帳簿と実態が合っているかなど、労働者に質問をしながら確認する。特に「申告監督」の場合、つまり、労働者からの法令違反の申告があった場合は特に厳しい調査をうけます。

 

必要があれば、労働者代表の意見徴収を行い、会社担当と労働者の意見に相違がないかを確認します。

 

2.会社が調査される項目

会社の調査が行われる際には、以下のような点が頻繁に確認されます。

 

@会社が調査される項目
@労働者の労働時間を正しく把握しているか?(タイムカードや勤怠記録のチェック)
A休日・時間外労働協定届(36協定)を結び、届け出ているか?
B労働者の過半数を代表する者の選出は正しい方法で行われているか?
C管理・監督者の範囲は正しいか?
D時間外手当の計算方法が正しく行われているか?(賃金台帳等のチェック)
E他に、直近の年に話題となった事項については、注意していく必要があります。過労等のメンタルヘルス関連、派遣労働者の管理、未払い残業代や時間外労働の発生しない管理監督者の管理などは要注意です。


労働者の申告による場合は、上記にかかわらず、申告のあった事項が重点的に確認されることになりますが、調査の中で違反事項が出てきた場合はそれも含めて是正勧告を受けます。

A 是正勧告書と是正報告書
立ち入り調査(臨検監督)の結果、問題がある場合

立ち入り調査(臨検監督)の結果、問題があった場合には、以下の書面が交付されます。
@法律違反が認められる場合・・・・「是正勧告書」
A法律違反は認められないが、改善の必要がある場合・・・「指導票」
B安衛法その他の違反があり危険な場合・・・「施設設備の使用停止命令書」

 

いずれの場合でも、指定期日までに指摘された事項を改善し、「是正(改善)報告書」を労働基準監督署に提出しなければなりません。

「是正(改善)報告書」が提出された後、そのとおり是正されているかどうか確認する必要がある場合、また提出期限になっても何の連絡もなく「是正(改善)報告書」が提出されない場合などは再監督が実施されます。そして是正勧告に従わない場合は、書類送検される可能性が高くなるといえます。

 

3.当事務所での対策

まず、労働基準監督署の通知があってから、4つのステップにわけて分析し、対応していきます。

 

【ステップ1】
予測と事前準備
労働基準監督署からの通知や労働者の状況から定期監督か内部告発による申告監督かを推測します。そのうえで現状の法令違反の有無を洗い出し、必要な資料を整備します。

 

【ステップ2】
面談リハーサル
労働基準監督官の質問内容を予測し、その回答を検討します。監督官との話から何を問題としているのか、落としどころはどこなのかを探ります。
もちろん、経営者と労働基準監督官との解釈が異なっている部分は正確にこちらの意見を述べ、法令違反は素直に是正することを確認します。もちろん、ここでの反抗的な態度は厳禁です。
尚、労働基準監督官の指導はあくまでも「行政指導」であるため、解雇の正当性や合理性の解釈等には原則として関わることができません。この点を争う場所は裁判所のみです。

 

【ステップ3】
是正勧告書と是正報告書への対応
ここからは監督官との交渉です。実は、是正指導はあまり具体的な指導内容が書かれていないことも多いです。法令順守は絶対ですが、完全には厳守できないこともあります。労働基準監督官と話をしながら、絶対に守るべき点、できれば守ってほしい点を明らかにして、是正報告書を作成します。

 

【ステップ4】
是正報告書提出後の対応
報告書に記載した事項を順守し、法令に反しない制度を構築して、数年後の再臨検に備えます。
経営者の負うダメージを最小にし、労務リスクに強い会社を目指します。

 

さつき社労士事務所へのお問い合わせ さつき社労士事務所へのお問い合わせ

 

主な事業内容

■就業規則作成サポート

・就業規則の基本事項
・規程作成のフロー
・就業規則の条文例

■残業代請求対策

・サービス残業させてませんか?
・最大2年分の遡及払いとは?
・未払い賃金請求への対策方法

■労働基準監督署調査対策

・会社に調査が入るとき
・労働基準監督官の権限
・調査に臨む際に知るべきこと

■アウトソーシング業務

・労働社会保険手続
・給料計算

・助成金の活用

■司法書士業務

・会社の登記、設立
・契約書作成

・債権回収

助成金を活用しましょう!!

対象エリア

大阪市(中央区・浪速区・西成区・旭区・城東区・鶴見区・都島区・福島区・此花区・大正区・西区・港区・西淀川区・東淀川区・淀川区・北区・天王寺区・生野区・東住吉区・住吉区・住之江区)・箕面市・吹田市・守口市・門真市・枚方市・高槻市・茨木市・豊中市・吹田市・堺市・東大阪市…大阪府を中心に近畿各府県